【要約】

  • 悩み・課題を解決するのが難しいのは、「会議のやり方」を教えてもらったことがないから
  • 解決への打ち手として下の選択肢を提示する
    • うまく協働できれば、より良くなりそうだということを知っていただく
    • 私がファシリテーターとして入った会議・ワークショップをご体験していただく
    • うまく協働する方法 (まずは基本) を学んでいただき、その後、実践をとおして自分たちに合った方法を見つけていただく (私はアドバイザーとして参画)

【本文】

このブログ投稿では、「何故、会議やワークショップの悩み・課題を解決するのが難しいのか」を考えてみます。同時に、「解決への打ち手は何があるのか」についても書こうと思います。

悩み・課題を解決するのが難しい理由

ブログ「会議の悩み・課題と悪影響」を書きました。
もし、今まで「会議の悩み・課題と悪影響」で書いたような会議しか経験したことが無いとしたら。。。もしかしたら、悩みや課題を感じておられないかもしれません。「会議ってそういうものだよ」という感じかもしれません。そういう方々は、このブログにたどり着いていただけないかもしれません。なんとか、そういう方々にこそ、お伝えしたいと思っています。

私、デジャブでないとしたら、朝日新聞で201942128512に組まれた特集カイシャの会議」と同じような内容を、10年以上前にどこかで読んだか聞いた記憶があります。
何を言いたいのかと言いますと、ひと昔以上の間変わっていない、停滞しているということです。
何故そんなことになってしまったのでしょう?

トヨタでは5 whys (何故何故を5回繰り返す) ということをやっておられるそうです。
ここでは、3 whysで考えてみました。
皆さんは就職して以来、「会議のやり方」を教えてもらったこと、ありますか?ちょこちょこTIPSとかいうのではなくて、体系だった内容で。
私の意見では、欧米では「会議のやり方」の研究が盛んに行われています。昔も今も。ファシリテーションはアメリカ発ですし、最近話題のデザイン思考 (Design Thinking) や、GV (Google Venture) のスプリント (Sprint) もアメリカ発です。ヨーロッパ発のものもあります。
日本では、空気を読む、なんて言ったりしてましたね。 (今でも言っていますか?)
そもそも、彼らと私たち日本人は違いもあります。今度そのあたりのことをブログで投稿してみようかな、と思っています。

  • 何故、会議やワークショップの悩み・課題を解決するのが難しいのか?
    → うまく協働すると、より良くなることを知らないから
  • 何故、うまく協働するとより良くなることを知らないのか?
    → 経験したことがないから。うまく協働する方法を知らないから
  • 何故、うまく協働する方法を知らないのか?
    → 誰にも教えてもらわなかったから

解決への打ち手

このサイトはBTFコンサルティングのサイトなので、解決への打ち手として、BTFコンサルティングからの1つの選択肢を書かせていただきます。

  • うまく協働できれば、より良くなりそうだということを知っていただく
    まずは、知っていただくことが、初めの一歩だと思います。BTFコンサルティングでは、そのためのセミナーや研修があります。知っていただき、良さそうだとご興味をお持ちいただいたならば、次は実際にご体験していただきたいと思います。
  • 私がファシリテーターとして入った会議・ワークショップをご体験していただく
    お客様の実際の会議やワークショップに私が入らせていただき、実際いつもの会議がどう変わるのかをご体験していただく、というものです。その際には、勿論、機密保持契約を結ばせていただきます。ご体験いただき、私のようなファシリテーターが自社内にも欲しい、と思っていただけたら、次はファシリテーターの育成です。
  • うまく協働する方法 (まずは基本) を学んでいただき、その後、実践をとおして自分たちに合った方法を見つけていただく (私はアドバイザーとして参画)
    お客様社内にファシリテーションが浸透し、ファシリテーターがいるという環境ですね。
    BTFコンサルティングは、お客様社内にファシリテーターがいて、ファシリテーションが浸透している、という環境になるために、協働させていただき、促進・支援させていただきます。
おすすめの記事